センター紹介 > 概要・沿革


センター紹介

概要・沿革

地場に密着した技術支援機関として、常滑市に本所、碧南市に三河窯業試験場があります。この地域はタイル、瓦などの窯業建材製品や朱泥急須で代表される食卓用陶磁器製品、さらには衛生陶器、れんが、花器、植木鉢などの産地です。 生産性の改善や新製品の開発のお役に立てるよう、材料の品質試験や製造技術の研究、デザイン企画など幅広く窯業技術の向上に努めています。

昭和13年12月 常滑町立常滑工業試験場として、常滑町字師ケ谷に創立
昭和16年6月 愛知県に移管され、愛知県常滑陶磁器試験場となる
昭和19年10月 愛知県陶磁器試験場と名称変更
昭和29年10月 碧南市字大久保に三河分場を設立
昭和37年10月 三河分場の本館・窯炉棟の増改築
昭和43年9月 常滑市三ツ池(現在地)へ移転
昭和43年11月 愛知県窯業技術センターに名称変更
昭和46年2月 愛知県常滑窯業技術センターに名称変更
昭和46年3月 開放試験室の設置
昭和47年3月 三河分場の本館・窯炉棟の増改築
昭和63年3月 陶管試験棟の設置
平成6年4月 三河分場の名称を三河窯業試験場に変更
平成14年4月 愛知県産業技術研究所 常滑窯業技術センターに名称変更
平成24年1月 あいち産業科学技術総合センター 常滑窯業技術センターに名称変更
センター紹介

PDF形式のファイルをご覧になるには、無料ソフトウェアのAdobe Readerが必要です。
下のボタンを押してダウンロードし、インストールしてください。

Get Adobe Reader