センター紹介 > 概要・沿革


センター紹介

概要・沿革

蒲郡、知多地域を中心に生産されている綿や合繊織物をはじめとする繊維業界に対する技術支援機関として、産地特有の技術に加え、海洋、農業、土木など各種用途に応じた新しい産業用繊維資材の開発に力を注いでいます。

昭和2年7月 愛知県三河染織試験場として宝飯郡三谷町に創立
昭和20年4月 愛知県繊維試験場に統合され、三河支場となる
昭和23年4月 愛知県三河試験場として独立
昭和25年2月 豊橋市中野町に豊橋分場を設立
昭和34年3月 豊橋分場を現在地(豊橋市前田南町)に新築移転
昭和48年4月 本場を現在地(蒲郡市大塚町)に新築移転し、愛知県三河繊維技術センターに名称変更
平成14年4月 愛知県産業技術研究所 三河繊維技術センターに名称変更
平成24年1月 あいち産業科学技術総合センター 三河繊維技術センターに名称変更
平成24年4月 豊橋分場の業務を本場に集約

 

センター紹介

PDF形式のファイルをご覧になるには、無料ソフトウェアのAdobe Readerが必要です。
下のボタンを押してダウンロードし、インストールしてください。

Get Adobe Reader